乾燥肌を保湿する方法【角質層に潤いを補給】

乾燥肌を保湿するスキンケア

30代以降になると肌は乾燥しやすくなります。角質のバリア機能の低下による肌水分の蒸発が原因です。肌の水分は表面にある皮脂、天然保湿因子、角質細胞間脂質によって維持されています。加齢と共に皮脂の減少やバリア機能が低下する事で乾燥し、肌トラブルが起こりやすくなります。



バリア機能の低下により肌は敏感になり炎症が起こりやすくなります。さらに、紫外線が表皮、真皮にまで入ってきます。その結果、シミができやすくなります。真皮の細胞がダメージを受けるとシワもできやすくなります。

乾燥で注意したいのが洗顔です。洗顔のしすぎが皮脂を取り過ぎて、乾燥の原因になるので注意しましょう。ゴシゴシとこするのは厳禁です。年齢とともに減少する皮脂が、より少なくなってしまいます。後は41度以上のお湯だと皮脂を溶かしてしまいます。30度くらいのぬるま湯で優しく洗顔するようにします。

洗顔後に乾燥肌を保湿する方法としては、セラミド、スクワラン、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿配合された化粧品を使う事がポイントです。セラミドは角質細胞間脂質となる成分で、保湿では特に重要な成分です。

乾燥肌の保湿は洗顔後が大事

乾燥肌対策は洗顔後が重要です。洗顔後は化粧水、美容液、クリームを使用します。特に化粧水とクリームは必須です。お風呂、洗顔後は肌が最も乾燥しやすくなります。最近ではそれらの機能がひとつになったオールインワンゲルが人気です。

オールインワンゲルは子育てで忙しい人や仕事に追われてスキンケアを簡単に済ませたい人に非常に人気です。またラインで1つずつ購入するよりも安く済ませることができるのも人気の理由です。スキンケアの時間が惜しい方にはオールインワン化粧品がおすすめです。



オールインワン化粧品のデメリットとしては肌に合う、合わないがあります。 これは化粧品全般に言えますが、人によってはブツブツが出来る事もあります。 また個別に化粧品を使うより、保湿力が弱いという声もあります。 夏場は十分ですが、乾燥する冬はオールインワンだけでは乾燥する事もあります。

オールインワン化粧品一つで化粧水、乳液、美容液、オイルなど機能を満たしています。 洗顔後1ステップでお手入れができる手軽さと化粧品をいくつも買わなくていいのが人気の秘密。最近ではセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分がしっかり配合されているオールインワンゲルもあるので、乾燥肌でもしっかり保湿できます。

乾燥肌を保湿するメディプラスゲルを体験

1つで4役

洗顔後はコレひとつだから非常に楽です。化粧水、クリーム、乳液、美容液の機能がこれ1つに含まれています。仕事前の時間がとれない朝は非常に助かります。

プッシュ式で使いやすい

メディプラスゲルはプッシュ式だから非常に便利。1回ワンプッシュするだけです。取る時に爪に入ったりする手間がありません。180mgと容量が多いのもうれしいところです。

しっかり保湿

メディプラスゲルにはセラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など潤い成分たっぷり。しっかり伸びて浸透します。擦りすぎると白いカスがでるので、優しく伸ばしています。

メディプラスゲル 詳細

メディプラスゲルは化粧水、クリーム、乳液、美容液の役割を1つに詰め込んだゲルです。角質層で細胞間脂質となるセラミドをはじめ、コラーゲンやヒアルロン酸などの保湿成分をたっぷり配合。肌のバリア機能を改善し、乾燥肌をしっかり保湿します。

メディプラスゲルはその他にも30種類以上の美容エキスを配合。肌の炎症を抑える成分や肌表面をカバーするスクワラン、プラセンタエキスなどで肌を健やかに保ちます。香料やパラベン、着色料などのダメージ成分は無添加だから、敏感肌でも安心です。
金額 3,996円
成分 セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸など62種類
効果
返金保証 使用してみて満足できない場合、
30日以内であれば全額返金保証

メディプラスゲルが選ばれる3つの理由

保湿成分たっぷり
メディプラスゲルには3種類のセラミドを配合しています。セラミドは角質細胞間脂質となり、角質層の水分を閉じ込める役割をします。さらにバリア機能を整える働きもあり、紫外線などの外部刺激から肌を守ります。その他にもヒアルロン酸やコラーゲン、アミノ酸などの保湿成分で乾燥肌を保湿します。
肌にハリをもたらす
肌のハリ、弾力は真皮にあるコラーゲンやエラスチンの量が重要です。年齢と共にエラスチン、コラーゲンが減少するとシワ、たるみが出来てしまいます。メディプラスゲルにはコラーゲンの生成を促進するビタミンC誘導体をはじめ、細胞の活性化を促進するプラセンタ、アミノ酸を配合しています。
炎症を抑え肌を修復
メディプラスゲルは低刺激にこだわっています。香料やパラベン、着色料などのダメージ成分は使用していません。また、肌荒れや炎症を抑制するグリチルリチン酸2k,ヨモギエキスを配合。他にも肌表面をカバーして乾燥を防止するスクワランを配合。皮膚科医指導のアレルギーテスト済みだから敏感肌でも安心です。

乾燥肌の保湿にはセラミド

冬になると湿度が低くなり、肌の水分は蒸発しやすくなります。乾燥肌は角質層のバリア機能が乱れている状態です。そのため紫外線やダニなどの外部刺激の影響を受けやすくなります。その結果、炎症やシワ、シミなどの肌トラブルを引き起こします。



乾燥肌の保湿対策では角質層のバリア機能の改善と肌表面の皮脂膜の回復が重要です。年齢とともに角質層の細胞間脂質や皮脂は減少してきます。加齢と冬の乾燥によって肌は常にダメージを受けやすい状態になっています。そこで保湿対策が重要になってきます。

クレンジング、洗顔、入浴後の肌は非常に乾燥し易い状態です。そこで取り入れたいのがセラミドを配合した化粧品です。セラミドは角質の細胞の間に入り込み、細胞同士を繋ぐ役割をします。細胞間をしっかり埋めることでバリア機能を改善し、乾燥による肌トラブルを防止する効果が期待できます。その他にヒアルロン酸やコラーゲンも保湿に効果的です。ただ、セラミドのような水分保持効果はありません。

セラミドにはヒト型セラミドや擬似セラミド、合成セラミドなどがあります。人の肌に存在するセラミドと同じ形をしているヒト型セラミドを配合した化粧品を使うことが乾燥の防止には最適です。ヒト型セラミドを配合した化粧品にはヒフミド、アヤナス、つつむなどがあります。これらの保湿化粧品にはトライアルセットもあります。

乾燥肌化粧水ランキング http://xn--eckp2g416lubdy3chtxvn5avyk5g0akqj.com/
乾燥肌におすすめの化粧水をランキングで比較。セラミド配合の化粧水を中心に、乾燥肌に潤いを補給する化粧水の効果、体験談、価格なども紹介。

乾燥肌のスキンケア

乾燥肌は角質層の水分が30%以下になっている状況です。紫外線やアレルゲンが侵入しやすくなり、肌荒れや老化の原因となります。乾燥肌の場合、洗顔する時のお湯の温度は40度以下にします。それ以上の温度になると、皮脂が必要以上に落ちてしまい、乾燥がひどくなります。

また、洗顔をする歳はゴシゴシこすらないことも大事です。できるだけ泡を立てて、泡の弾力で洗うのがおすすめです。泡を肌の上で回すようにして汚れを落とします。しっかりすすぎをしたら、すぐに化粧水を使用します。お風呂、洗顔の後は肌が1番乾燥します。化粧水で水分を補給し、乳液やクリームで蓋をする事が重要です。

保湿ケアは冬がメインですが、夏場でも注意が必要です。夏の乾燥の原因はエアコンです。エアコンが効いた部屋は湿度が低く、乾燥しやすくなります。ミスト化粧水をつかったり、携帯できえる加湿器などがあると便利です。また、紫外線も乾燥の原因です。日傘や帽子で紫外線を避け、ファンデーションでしっかりカバーします。紫外線にはパウダーファンデーションがおすすめです。

顔以外のボディケアには馬油などの天然油分がおすすめです。馬油はヒトの皮脂に近い成分で、角質層に吸収されます。肌水分の蒸発を抑制することで、乾燥から肌を守ります。さらに、馬油には不飽和脂肪酸が豊富です。血流改善作用や炎症を抑制する作用があり、アトピーや敏感肌にもおすすめです。



食事も保湿ケアには重要です。セラミドの原料は必須脂肪酸です。必須脂肪酸はオメガ3、オメガ6です。特にしっかり摂りたいのがオメガ3です。オメガ3はαリノレン酸と呼ばれ、亜麻仁油、えごま油、クルミなどにふくmれています。青魚に含まれるDHA,EPAも必須脂肪酸です。

乾燥肌におすすめの洗顔石鹸「ショコラ・ド・バーン」



ショコラ・ド・バーンはアトピー肌などの敏感肌向けに作られた洗顔石鹸です。8種類の植物性天然オイルを配合し、肌に潤いを残します。脱脂力の強い石油系合成界面活性剤は無添加。さらに、防腐剤や鉱物油、合成香料などのダメージ成分も使用していません。

洗顔石鹸「ショコラ・ド・バーン」には8種類の植物性オイルだけでなく、キダチアロエエキスやドクダミエキスも配合。アロエとドクダミの微粉末が毛穴の汚れをしっかり吸着し、肌が明るくみえてきます。

ショコラ・ド・バーンの3つのポイント

抗炎症作用で肌荒れ予防
乾燥肌やアトピー肌はバリア機能が乱れているため、外部刺激によって炎症が出来やすい状態です。ショコラ・ド・バーンには炎症を抑えるドクダミ、アロエエキスをはじめ、アトピーの症状を改善するγリノレン酸を配合した月見草オイルなどを配合。炎症による肌荒れやニキビの発生を予防します。
植物性オイルでしっかり保湿
ショコラ・ド・バーンには皮脂と同じ働きをするワックスエステルを配合したホホバオイルをはじめ、オレイン酸を配合したアーモンドオイル、アボガドオイルなどを配合。洗顔後もしっかりとオイル保護膜を作り出し、乾燥を予防します。
抗酸化作用で肌老化抑制
ショコラ・ド・バーンには抗酸化作用のあるローズヒップオイル、エクストラヴァージンオイル、ココナッツオイルをはじめ、血行を促進するアボガドオイルなどを配合。紫外線によるシミやしわ、たるみなどの原因となる活性酸素の働きを抑制します。